🧍‍♂️脱力

 ピアノを演奏する時、腕や肩などに無駄な力が入っていると、きれいな音色を奏でる事ができません。

 声楽も、ピアノと同じく身体が楽器となるわけですから、必要なところ、例えば下半身やお腹は支えをしっかり意識して、上半身は無駄な力を抜いて、首にも力が入らないようにしなければなりません。

 身体に力を入れなさい❗️と言われると割と簡単にできると思いますが、逆に力を抜きなさいと言われると以外と難しいものです😅💦

 全身の力を抜くのも難しいのに、演奏の時には、力を入れるべきところと、脱力するべきところが必要なので、なかなか難易度が高いです(*^^*)

 以前、整骨院へ行った時

「他の人よりも、すごく身体に力が入ってますよ」

と言われたことがあり、それから時々

「なるほど(゚∀゚)力入ってるわ〜」と気付きました。

色々試してみた結果、浴槽に入っている時に、意識的に全身の力を抜くと、強張っていた部分の血行が良くなっているような気がして疲れがとれるような、脱力感の良さを味わえました🥰

 それぞれ皆さんの忙しいスケジュールの毎日で、そんな悠長な入浴タイムを確保できるかどうかわかりませんが😆チャンスがあれば一度試してみてください。

そして脱力の感じを覚えて、それを演奏の時に生かせるといいですね🥰

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

電話番号

072-476-0303

※スマホの方はタップで発信できます

お気軽にお問い合わせください♪