🎹ピアノの鍵盤

 私自身、昔も今現在も1日の大半をピアノと共に過ごしていますが😊♪ ピアノが誕生してからの現在までの道のりをたどってみると、そうなのね(#^.^#)と思うことが色々あります。

 今日はその中でひとつ取り出してお話させてください😊

 18世紀ごろのピアノ🎹そうですね😊モーツァルトが活躍していた頃ですね😊その頃のピアノは白鍵と黒鍵が今とは逆の色でした。19世紀に入って現在の配色になりました。理由は様々な説がありますが、18世紀は高価な象牙を多く使わなくていいように数の少ない方の鍵盤に白い象牙を使用していましたが、19世紀に入り財力を誇示するために象牙でできた白鍵を増やして、以前とは逆にしたとか、他に白鍵を基調にした方が見た目にきれいだからなどとも言われています。

ピアノも時代の流れによって変化していますが、これからの時代、どんな風に変わるのでしょうか?もしかしたら、鍵盤の色はまだこれからも変化していくことあるのかしら?(#^.^#)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

電話番号

072-476-0303

※スマホの方はタップで発信できます

お気軽にお問い合わせください♪